吉岡里帆さん、グラビア時代を語る

吉岡里帆さん、グラビア時代を語る

1: 名無し 2017/10/07(土) 06:37:33.71 ID:+eYpe3TrM
吉岡:あの時間もある種、文字通り切り売りの時間だったんです。
だって私は水着姿なんて絶対出したくなかったし、両親からも、
「本当に結婚するような人にしか見せちゃだめ」という教育を受けてきたから。
それを、全国区の、ワンコインで買える週刊誌で披露して、1週間後には廃棄処分されて。
こんなに脱いでも、翌週には別の女の子のことを見るんだろうなと思うと、
自分のその「旬すぎる時間」みたいなものがすごく辛かったです。

https://sheishere.jp/interview/201710-yoshizawayoshioka/3/

2: 名無し 2017/10/07(土) 06:38:18.00 ID:+eYpe3TrM
吉岡:でもこれを言うと、ファンでいてくれる方たちはすごく怒るんですよね。
「応援している人をバカにしてる」という手紙をいただいたこともあります。
でも決してバカにしているわけじゃなくて、やりたくないというのは私の偽れない本当の気持ちで、
でも、そう思いながらも脱ぐことに意味があると思っていました。
嫌なんだけど、自分の夢をつかむために、それをやってほしいと求めてくれる人がいる以上、
その人たちに応えるのが私の生き方だということに抗えなかったんです。

私が本当に自分の好きなことだけをする人間だったらーー
つまり、人に染まるんじゃなくて自分の色に染めたいような人間だったら、
グラビアはやっていなかった。でも、誰かに染められたい以上は、これもやらなければと思ったんです。
だから、自分で選んだという自信はあります。
同時に、「私は最初にこういうハンデを抱えるんだ」というのもお芝居をしていくうえでの
覚悟に繋がりましたし。

3: 名無し 2017/10/07(土) 06:38:20.92 ID:6ORg9idT0
こう言われたらさらに抜ける定期

6: 名無し 2017/10/07(土) 06:38:55.22 ID:+eYpe3TrM
吉岡:人は、脱いだ人を「脱いでる人が芝居している」って見るんですよ。
脱がない人のことは、はじめから「この人は芝居する人なんだ」という目で見ます。
その壁ってすっごく厚くて高くて、自分で自分の首を絞めるみたいな行為をしてしまったと思うこともあります

8: 名無し 2017/10/07(土) 06:39:25.85 ID:+eYpe3TrM
吉岡:グラビア撮影用の水着って、本当に冗談じゃないくらい痛いんですよ……! 
スタイリストさんが素敵だって思った布でつくっていて、ゴムとかが入っていないんです。

吉澤:そうなんだ、完全にフィクションなんだね。

吉岡:市販の水着はちゃんと伸びるし守ってくれるけど、私が着ていたグラビア用の水着は、
人に見てもらうための水着だったから、ゴムが入っていないどころか、
革紐や伸びない布でできることもあって。皮膚に食い込むくらいぐっと縛るから、
次の日も跡が残っているんですよ。食い込ませることでお肉がちょっと盛り上がって、
それが色気になるという。

【衝撃的】めっちゃイケメンな友達が3年くらいシコってない理由がとんでもなくてゾッとした…
まん友「女の下ネタはエグいよw聞きに来る?w」→結果wwwwwwwww
【画像】 6ヶ月毎日レイフ゜された女子(10)の目がヤバイ・・・・・ ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ
【画像】チェリーボーイの87%がビンビンに立ってしまう服を着てる女の子が発見されるwwwwwwwwww
【衝撃画像】つぼみさん、タクシーに乗ったら運転手からwwwwマジですかwwww
【画像】 JKが自転車を漕いどる時のおマンコの状況がこれって、ガチのマジ??w
【愕然】彼女がはじめて中いきした結果wwwwwwwwwwwwwwwwww
女が興奮するっていう香水を体にかけてピoサロ行った結果wwwwwwwwwwww
【画像】真性のロリコンは左の女の子を選んでしまうらしいのでアウトwwwwwwwwwwwwwwww



続きを読む